海外では安い本はカバーがないが日本ではすべてカバーがある

欧米では「ペーパーバック」と言って安い本にはカバーがありません。しかし、日本で売られている本はどんなに安い本でも(雑誌などはのぞいて)カバーがついています。 これは日本の書籍は「委託制度」で流通していることが大きく関係しています。

 

日本の商品は店舗が仕入れて売れ残った場合、そのリスクは店舗側がかぶります。ところが書籍は書籍は売れ残ったものを出版社に返品できることになっています。その代わり、店舗側に価格決定権はなく、書籍はすべて低下で販売されることになっています。この制度のことを「再販売価格維持制度」といいます。

 

店舗から返品されてきた書籍は陳列されていたりすると書籍が傷んでいてそのままでは販売することができません。しかし、そんな本でもカバーを交換するだけで新品と変わらないようにすることができます。 それ以外の理由として、 最近はあまりほんの価格があがりませんが、オイルショックの頃は原料代の高騰が価格に反映されていました。そういった時に書籍の価格をあげるためにはカバーだけに低下を印刷しておけばカバー交換だけで書籍代を値上げできます。 以前は、書籍自体にも価格が印刷されていましたが、オイルショック以降、価格はカバーにのみ印刷されています。

 

最近でも消費税導入といった制度の変更による価格改訂も表紙カバーの変更だけで対応しています。